WHY - なぜ、世界中の起業家からStakingとCatalystに注目が集まっているのか?

HOW - どのようにStakingとCatalystに取り組むことができるのか?

Staking

CardanoのStakingには大きくプールの運営と委任の2つの方法があります。

委任によるStakingは、ADAの保有量に応じて報酬が高くなる可能性があり、その手順はDaedalusYoroi(FlintWallet,CardWallet等の非公式もあり)のShelley対応ウォレット上で極めて簡単に行えます。詳細は委任手順に従ってください。

プール運営によるStakingは、必ずしも多額のADAを必要としませんが、一定の専門知識の学習を必要とします。プール運営公式手順のドキュメントに従い、日本語の非公式構築手順も参考に、作成を進めてください。Raspberry Piといった非常に安価かつシンプルなマシンでも運用可能です。 Hydraヘッドの運営等による追加的収益の可能性も検討されています。

ADAは、BIT POINT, SAKURA Exchange BitCoin(金融庁認可)より購入可能です。ADA PAYにより決済導入可能です。

Catalyst

Catalystには投票者、アドバイザー、提案者の大きく3種類の関わり方がありますが、そのうち、起業家が資金調達を行う場合は、提案者としてこのプラットフォームに参加することになります。

Catalystの提案提出審議プラットフォームideascaleで提案を提出し、ADAに基づく投票の結果、賛成多数のプロジェクトには資金が供給されます。Catalystの非公式提案閲覧サイトでは、過去の提案を日本語で閲覧することも可能です。当EXPOブースも提案を行っておりますので、よろしければご確認ください。

NOW - いますぐ以下の相談フォームに登録して、無料のメール/通話サポートと最新情報を受けましょう!

 

当ページ監修者非公式のCardanoコミュニティの詳細、EXPOイベントの最新情報等についてはコミュニティサイトをご参照ください。